木更津工業高等専門学校 情報工学科 認識システム実験室


当実験室(研究室)では,主としてパターン認識に関する研究を行っており,画像処理,音楽情報処理などを行っております.


査読つき研究論文

7) Shigeki Sagayama, Tomohiko Nakamura, Eita Nakamura, Yasuyuki Saito, Hirokazu Kameoka and Nobutaka Ono,“Automatic music accompaniment allowing errors and arbitrary repeats and jumps”; Proceedings of Meetings on Acoustics, vol. 21 (Issue 1), 035003, pp.1-11, Dec. 2014. (Publisher: Acoustical Society of America (online))

6) Eita NAKAMURA, Tomohiko NAKAMURA, Yasuyuki SAITO, Nobutaka ONO, and Shigeki SAGAYAMA,“Outer-Product Hidden Markov Model and Polyphonic MIDI Score Following”; Journal of New Music Research, vol.43, no.2, pp.183-201, Apr. 2014.

5) 中村 栄太, 武田 晴登, 山本 龍一, 齋藤 康之, 酒向 慎司, 嵯峨山 茂樹, “任意箇所への弾き直し・弾き飛ばしを含む演奏に追従可能な楽譜追跡と自動伴奏”;情報処理学会 論文誌, vol.54, no.4, pp.1338-1349, Apr. 2013.

4) 齋藤 康之, 栗本 育三郎, 大枝 真一, 白木 厚司, 関口 昌由, “タイ短期留学生受け入れにおける情報工学教育プログラムの実施”;論文集「高専教育」, no.36, pp.697-702, March 2013.

3) 齋藤 康之, “学内OA機器の廃棄に対する取り組み”;論文集「高専教育」, no.32, pp.891-896, March 2009.

2) 齋藤 康之, 剣持 雪子, 小谷 一孔, “顔画像の基底ベクトルを用いた眼鏡なし顔画像の推定”; 電子画像学会 学会誌, vol.31, no.3, pp.336-344, May 2002.

1) 齋藤 康之, 剣持 雪子, 小谷 一孔, “パラメトリックな眼鏡フレームモデルを用いた顔画像内の眼鏡フレーム領域の抽出と除去”; 電子情報通信学会 論文誌D-II, vol.J82-D-II, no.5, pp.880-890, May 1999.


紀要

12) 丸山 真佐夫, 齋藤 康之, 栗本 育三郎, 渡邊 孝一, 倉持 憲司, 青柳 宏昭, “高速サーバ群の構築と運用”:木更津高専紀要 第49号, pp.13-18, Jan. 2016.

11) 齋藤 康之, “技術振興交流会レベルアップ講座の申し込みページの構築”;木更津高専紀要 第48号, pp.23-28, Jan. 2015.

10) 齋藤 康之, “木更津高専キッズサイエンスフェスティバルの参加申し込みWebpageの整備H26”;木更津高専紀要 第48号, pp.15-21, Jan. 2015.

9) 齋藤 康之, “ブラスバンドフェスティバルとものづくり教室の開催”;木更津高専紀要 第48号, pp.9-14, Jan. 2015.

8) 齋藤 康之, “木更津高専キッズサイエンスフェスティバルの参加申し込みWebpageの整備”;木更津高専紀要 第47号, pp.29-37, March 2014.

7) 齋藤 康之, “木更津高専紀要投稿用LaTeX2e スタイルファイルH19”;木更津高専紀要 第42号, pp.17-20, Jan. 2009.

6) 大枝 真一, 齋藤 康之, 青柳 宏昭, 倉持 憲司, “情報工学科の計算機環境について”;木更津高専紀要 第42号, pp.13-16, Jan. 2009.

5) 和崎 浩幸, 丸山 真佐夫, 齋藤 康之, 倉持 憲司, “教育用マイクロコンピュータ開発システムの構築”;木更津高専紀要 第42号, pp.7-12, Jan. 2009.

4) 齋藤 康之, “木更津高専紀要投稿用LaTeX2e スタイルファイル”;木更津高専紀要 第40号, pp.23-28, Jan. 2007.

3) 齋藤 康之, 和崎 浩幸, 丸山 真佐夫, 米村 恵一, 大枝 真一, 青柳 宏昭, 倉持 憲司, “公開講座「Linux入門」実施報告”;木更津高専紀要 第39号, pp.15-20, Jan. 2006.

2) 齋藤 康之, “学寮ネットワークシステムの構築と運用”;木更津高専紀要 第38号, pp.37-42, Jan. 2005.

1) 齋藤 康之, 和田 州平, 丸山 真佐夫, 和崎 浩幸, 米村 恵一, 大枝 真一, 青柳 宏昭, 倉持 憲司, “情報工学科の教育用計算機システム環境”;木更津高専紀要 第38号, pp.29-36, Jan. 2005.


依頼原稿:

1) 齋藤 康之, 剣持 雪子, 小谷 一孔, “基底ベクトルを用いた顔画像推定 〜眼鏡顔画像から眼鏡なし顔画像を推定する〜”; 画像ラボ, vol.14, no.1, Jan. 2003.


学会講演・研究発表

国際会議:

17) Haruka JIBIKI, Yasuyuki SAITO, Eita NAKAMURA, Shigeki SAGAYAMA,“Discrimination of page turning cue against head shaking motions in automatic music score page turning system”; Second International Workshop on Effective Engineering Education (IWEEE2016), poster no.B-14, July 2016. (National Institute of Technology, Kisarazu College, Kisarazu, Chiba, Japan, 6-7 July 2016)

16) Honoka FUJII, Yasuyuki SAITO,“Estimation of Difficulty of Music by SMF Analysis”; Second International Workshop on Effective Engineering Education (IWEEE2016), poster no.B-10, July 2016. (National Institute of Technology, Kisarazu College, Kisarazu, Chiba, Japan, 6-7 July 2016)

15) Yasuyuki SAITO, Eita NAKAMURA, Riku SATO, Suguru AGATA, Yuu IGARASHI and Shigeki SAGAYAMA,“Conversion from Standard MIDI Files to Vertical Line Notation Scores and Automatic Decision of Piano Fingering for Beginners”; Second International Conference on Technologies for Music Notation and Representation (TENOR2016), poster no.4, pp.1-12, May 2016. (Anglia Ruskin University, Cambridge, UK, 28-29 May 2016)

14) Riku SATO, Yasuyuki SAITO, Suguru AGATA, Eita NAKAMURA, Shigeki SAGAYAMA,“Automatic Creation System of Vertical Line Notation Score from MIDI file”; International Workshop on Effective Engineering Education (IWEEE2015), B-23, Aug. 2015. (National Institute of Technology, Kisarazu College, Kisarazu, Chiba, Japan, 20-21 August 2015)

13) Toshimitsu HARA, Norihiko SUZUKI, Sae NEMOTO, Yasuyuki SAITO, Jun OKUZUMI,“Explaining Relics and Excavation Situations by Using Augmented Reality, and Semi-Automatic Creating Music Pieces Matching Atmosphere”; International Workshop on Effective Engineering Education (IWEEE2015), B-20, Aug. 2015. (National Institute of Technology, Kisarazu College, Kisarazu, Chiba, Japan, 20-21 August 2015)

12) Haruka JIBIKI, Toshikazu SHIMIZU, Yasuyuki SAITO, Eita NAKAMURA, Shigeki SAGAYAMA,“Automatic Page Turning System for Musical Scores by Player's Nods”; International Workshop on Effective Engineering Education (IWEEE2015), A-13, Aug. 2015. (National Institute of Technology, Kisarazu College, Kisarazu, Chiba, Japan, 20-21 August 2015)

11) Riku SATO, Yasuyuki SAITO, Suguru AGATA, Eita NAKAMURA, Shigeki SAGAYAMA, “Automatic Generation of Musical Score in Vertical Line Notation from MIDI file”; International Conference on Advanced Imaging (ICAI2015), T105-04, pp.559-562, June 2015. (National Center of Science (Hitotsubashi Memorial Hall 1F,2F), Hitotsubashi, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan, 17-19 June 2015)

10) Toshimitsu HARA, Norihiko SUZUKI, Sae NEMOTO, Yasuyuki SAITO, Jun OKUZUMI, “Explaining Ancient Tomb Information by Using Augmented Reality with Natural Images, and Creation of Music Pieces Matching Atmosphere”; International Conference on Advanced Imaging (ICAI2015), PB2-08, pp.327-330, June 2015. (National Center of Science (Hitotsubashi Memorial Hall 1F,2F), Hitotsubashi, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan, 17-19 June 2015)

9) Haruka JIBIKI, Toshikazu SHIMIZU, Yasuyuki SAITO, Eita NAKAMURA, Shigeki SAGAYAMA, “A Study of Automatic Page Turning of Musical Scores by Detecting Player's Nods”; International Conference on Advanced Imaging (ICAI2015), PB1-08, pp.272-275, June 2015. (National Center of Science (Hitotsubashi Memorial Hall 1F,2F), Hitotsubashi, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan, 17-19 June 2015)

8) Eita NAKAMURA, Yasuyuki SAITO, Nobutaka ONO, Shigeki SAGAYAMA, “Merged-output hidden Markov model for score following of MIDI performance with ornaments desynchronized voices, repeats and skips”; Joint ICMC|SMC, pp.1185-1192, Sep. 2014. (Athens, Greece, 22-26 October 2014)

7) Shigeki SAGAYAMA, Tomohiko NAKAMURA, Eita NAKAMURA, Yasuyuki SAITO and Hirokazu Kameoka, “Automatic music accompaniment allowing errors and arbitrary repeats and jumps”; Acoustic Society of America, 4pMUa3, p.2377, May 2014. (Invited paper)
and Eurydice demo video, Musical Acoustics: Automatic Accompaniment Demonstration Concert Session, 4pMUb1. (Rhode Island Convention Center and Omni Providence Hotel, Providence, Rhode Island, 5-9 May 2014)

6) Yasuyuki SAITO and Sae NEMOTO, “Semi-automatic music piece creation based on impression words extraction from color scheme”; International Workshop on Advanced Image Technology (IWAIT2014), ID-95, pp.573-578, Jan. 2014. (The Sukosol Hotel, Bangkok, Thailand, 6-8 January 2014)

5) Sae NEMOTO and Yasuyuki SAITO, “Study on Musical Piece Creation from Color Scheme”; Proceedings of International Workshop on Innovative Project 2013 (IWIP2013), A-2-4, pp.16-17, Aug. 2013. (Hotel Kokusai 21, Nagano, Japan, 27-30 August 2013)

4) Yoshikazu SHINZA, Yasuyuki SAITO, Yukiko KENMOCHI and Kazunori Kotani,“Facial expression analysis by integrating information of feature-point positions and gray levels of facial images”; Proceedings of IEEE International Conference on Image Processing 2000 (ICIP2000), vol.I, pp.466-469, Sep. 2000. (Vancouver Convention Centre, Vancouver, BC, Canada, 10-13 September 2000)

3) Yasuyuki SAITO, Yukiko KENMOCHI and Kazunori KOTANI, “Extraction of a symmetric object for eyeglass face analysis using active contour model”; Proceedings of IEEE International Conference on Image Processing 2000 (ICIP2000), vol.II, pp.231-234, Sep. 2000. (Vancouver Convention Centre, Vancouver, BC, Canada, 10-13 September 2000)

2) Yasuyuki SAITO, Yukiko KENMOCHI and Kazunori KOTANI,“Estimation of Eyeglasses Facial Images Using Principal Component Analysis”; Proceedings of IEEE International Conference on Image Processing '99 (ICIP99), vol.4, pp.197-201, Oct. 1999. (International Conference Center Kobe, Kobe, Japan, October 25-28, 1999)

1) Yasuyuki SAITO and Kazunori Kotani, “Extraction and Removal of Eyeglasses for Region Segmentation of Facial Images Using Eyeglasses Model”; Proceedings of Picture Coding Symposium '97 (PCS97), pp.497-502, Sep. 1997. (Berlin, Germany, 10-12 September 1997)


国内会議:

70) 藤井 ほのか, 齋藤 康之, 嵯峨山 茂樹,“カラー画像内の対象物と背景からの印象語抽出に基づく楽曲の半自動生成”;情報処理学会 音楽情報科学研究会115(音学シンポジウム2017), vol.2017-MUS-115, no.59, pp.1-6, June 2017.(お茶の水女子大学,2017年6月17日-18日)

69) 地曳 はるか, 齋藤 康之, 中村 栄太, 嵯峨山 茂樹,“視線解析を併用した頷き動作による自動譜めくりシステム”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2017-8, pp.29-32, Feb. 2017.(関東学院大学 関内メディアセンター,2017年2月18日)
(研究奨励賞)

68) 藤井 ほのか, 齋藤 康之, 嵯峨山 茂樹,“カラー画像内の対象物と背景からの印象語抽出による楽曲の半自動生成”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2017-7, pp.25-28, Feb. 2017.(関東学院大学 関内メディアセンター,2017年2月18日)

67) 齋藤 康之,“タテ線譜とEurydice を用いたピアノ初心者向け演奏システム 〜木更津高専オープンキャンパスでの適用〜”;日本電子キーボード音楽学会 第12回全国大会, ラウンドテーブル, pp.16-17, Nov. 2016.(昭和音楽大学,2016年11月13日)

66) 佐藤 陸, 中村 栄太, 齋藤 康之, 阿方 俊, 五十嵐 優, 嵯峨山 茂樹,“タテ線譜と初心者向けピアノ運指のSMF からの自動生成”;情報処理学会 音楽情報科学研究会(夏のシンポジウム), vol.2016-MUS-112, no.13, pp.1-6, Aug. 2016.(東京理科大学 野田キャンパス,2016年8月1日)

65) 齋藤 康之, 長野 亜美, 佐藤 陸, 中村 栄太, 阿方 俊, 五十嵐 優, 嵯峨山 茂樹,“タテ線譜と自動伴奏システムEurydice によるピアノ初心者向け演奏システム”;情報処理学会 音楽情報科学研究会(夏のシンポジウム), デモンストレーション:音楽情報処理の研究紹介XV, vol.2016-MUS-112, no.14, p.2, July 2016.(東京理科大学 野田キャンパス,2016年7月31日)

64) 長野 亜美, 齋藤 康之, 中村 栄太, 嵯峨山 茂樹,“演奏者の楽譜の休止区間における自動伴奏のテンポ制御”;情報処理学会 音楽情報科学研究会(夏のシンポジウム), vol.2016-MUS-112, no.17, pp.1-6, July 2016.(東京理科大学 野田キャンパス,2016年7月31日)

63) 地曳 はるか, 齋藤 康之, 中村 栄太, 嵯峨山 茂樹,“頷き動作による自動譜めくりシステムでの合図とリズムノリの判別”;情報処理学会 音楽情報科学研究会(夏のシンポジウム), vol.2016-MUS-112, no.12, pp.1-5, July 2016.(東京理科大学 野田キャンパス,2016年7月31日)
p.3 式(3),(4) の添え字に誤りがありました.謹んで訂正いたします. 正誤表

62) 藤井 ほのか, 佐藤 陸, 齋藤 康之, “SMF解析による楽曲の難易度判定”;情報処理学会 音楽情報科学研究会(夏のシンポジウム), vol.2016-MUS-112, no.1, pp.1-6, July 2016.(東京理科大学 野田キャンパス,2016年7月30日)

61) 齋藤 康之, 佐藤 陸, 中村 栄太, 阿方 俊, 五十嵐 優, 嵯峨山 茂樹, “スタンダードMIDIファイルからのタテ線譜の自動生成およびタテ線譜と自動伴奏システムの併用演奏”;日本電子キーボード音楽学会 タテ線譜メソッド・ワークショップ, June 2016.(昭和音楽大学 南校舎,2016年6月5日)

60) 大門 洋次郎, 齋藤 康之, “超音波探触子を用いた密閉されたドラム缶内の油と水の境界検出”;情報処理学会 音楽情報科学研究会(音学シンポジウム), vol.2016-MUS-111, no.53, pp.1-5, May 2016.(東海大学 高輪キャンパス,2016年5月22日)

59) 根本 彩惠, 齋藤 康之, “カラー静止画像の印象にマッチした楽曲の半自動生成に関する研究”;情報処理学会 音楽情報科学研究会(音学シンポジウム), vol.2016-MUS-111, no.28, pp.1-6, May 2016.(東海大学 高輪キャンパス,2016年5月21日)

58) 嵯峨山 茂樹,小野 順貴,堀内 靖雄,堀 玄,中村 和幸,齋藤 康之,“確率的逆問題としての音楽情報処理”;情報処理学会 音楽情報科学研究会(音学シンポジウム), vol.2016-MUS-111, no.19, pp.1-2, May 2016.(東海大学 高輪キャンパス,2016年5月22日)

57) 地曳 はるか, 齋藤 康之, 中村 栄太, 嵯峨山 茂樹, “譜めくり合図の頷きとリズムノリの判別”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2016-31, pp.117-120, Feb. 2016.

56) 藤井 ほのか, 齋藤 康之, “SMF 解析による楽曲難易度調整システム”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2016-9, pp.33-36, Feb. 2016.

55) 佐藤 陸, 中村 栄太, 齋藤 康之, 阿方 俊, 五十嵐 優, 嵯峨山 茂樹, “ピアノ運指を含んだタテ線譜のSMF からの自動生成”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2016-8, pp.29-32, Feb. 2016.

54) 草野 友輝, 齋藤 康之, “3次元音像制御における頭部伝達関数の個人化”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2016-7, pp.25-28, Feb. 2016.

53) 大門 洋次郎, 齋藤 康之, “超音波探触子を用いたドラム缶内の油と水の境界検出”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2016-6, pp.21-24, Feb. 2016.

52) 長野 亜美, 齋藤 康之, 中村 栄太, 嵯峨山 茂樹, “楽譜上で演奏者が休止時の自動伴奏のテンポ制御”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2016-5, pp.17-20, Feb. 2016.

51) 阿方 俊, 五十嵐 優, 佐藤 陸, 中村 栄太, 齋藤 康之, 嵯峨山 茂樹, “タテ線譜を用いたピアノ教室の効果とスタンダードMIDIファイルからのタテ線譜の自動生成”;日本福祉工学会 第19回学術講演会, 303, pp.31-32, Nov. 2015.

50) 齋藤 康之, “タテ線譜による若年層のピアノ演奏 〜ピアノ演奏への心理的距離の短縮〜”;日本電子キーボード音楽学会 第11回全国大会, 研究発表(3), p.19, Nov. 2015.

49) 和智 正忠(医学・音楽研究家), 齋藤 康之(木更津高専), 友永 和恵(平成音大), 秋谷 万里子(和幸楽器), 五十嵐 優(昭和音大付属音教), 垣浪 文美香(学芸大大泉小), “タテ線譜メソッドとは何か(1) 〜多方面からその可能性を探る〜”;日本電子キーボード音楽学会 第11回全国大会, ラウンドテーブル, Nov. 2015.

48) 齋藤 康之, “タテ線譜と自動伴奏システムを併用したピアノ練習”;日本電子キーボード音楽学会 第11回全国大会, ポスター発表, P-4, Nov. 2015.

47) 藤井 康平, 齋藤 康之, “既存の楽曲のダンス調への変換”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2015-52, pp.65-68, Feb. 2015.

46) 地曳 はるか, 清水 寿一, 齋藤 康之, “ジェスチャ認識による自動譜めくりに関する研究”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2015-51, pp.61-64, Feb. 2015.

45) 原 利充, 鈴木 德彦, 根本 彩惠, 齋藤 康之, 奥住 淳, “ARによる古墳の遺物と発掘調査状況の表示と雰囲気にあった楽曲生成”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2015-38, pp.13-16, Feb. 2015.

44) 根本 彩惠, 齋藤 康之, “画像の印象にマッチした楽曲の半自動生成に関する研究”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2015-37, pp.9-12, Feb. 2015.
(研究奨励賞)

43) 佐藤 陸, 齋藤 康之, 阿方 俊, 嵯峨山 茂樹, “MIDIファイルからのタテ線譜の生成に関する研究”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2015-36, pp.5-8, Feb. 2015.
図3 の説明が逆になっていました.正しくは「実験結果.音符間の隙間の(a)存在しない場合と(b)存在する場合の出力結果の違い」です.謹んで訂正いたします.

42) 石田 海斗, 齋藤 康之, “自動伴奏の表現力向上のためのMIDI演奏表情付け”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2015-35, pp.1-4, Feb. 2015.

41) 根本 彩惠, 齋藤 康之, “ユーザの好みを反映した伴奏生成が可能な画像からの半自動楽曲生成”;日本音響学会 秋季研究発表会, 2-4-20, pp.947-950, Sep. 2014.

40) 根本 彩惠, 齋藤 康之, “HMMを用いた画像からの半自動楽曲生成に関する研究”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2014-55, pp.97-100, Feb. 2014.

39) 中村 友彦, 中村 栄太, 齋藤 康之, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹, “Eurydice:任意の弾き直し・弾き飛ばしにも追従する自動伴奏システム”; 情報処理学会研究報告 MUS100, デモセッション:音楽情報処理の研究紹介XII, vol.2013-MUS-100, no.13, p.8, Aug. 2013.

38) 根本 彩惠, 齋藤 康之, “画像配色からの楽曲生成に関する研究”;画像の認識・理解シンポジウム MIRU2013, SS2-10, July 2013.

37) 中村 栄太, 齋藤 康之, 嵯峨山 茂樹, “出力合流並列隠れマルコフモデルと多声鍵盤演奏の楽譜追跡・両手部分離への応用”;情報処理学会研究報告 MUS, 2013-MUS-98, no.15, pp.1-6, March 2013.

36) 新穂 龍太朗, 齋藤 康之, “画像の印象に合う楽曲の自動推薦システムに関する研究”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2013-7, pp.23-26, Feb. 2013.

35) 飯島 崇裕, 齋藤 康之, “オーケストラ譜からのデュオ譜の半自動生成に関する研究”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2013-6, pp.19-22, Feb. 2013.
(優秀発表賞 次点:現在の研究奨励賞に相当)

34) 湯浅 将司, 齋藤 康之, “自然観測法による音楽音響信号の解析”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会技術報告, ME2013-5, pp.15-17, Feb. 2013.

33) 中村 栄太, 山本 龍一, 齋藤 康之, 酒向 慎司, 嵯峨山 茂樹, “多声MIDI演奏の楽譜追跡における装飾音のモデル化と自動伴奏への応用”;日本音響学会秋季研究発表会講演集, 2-10-5, pp.929-930, Sep. 2012.

32) 山本 龍一, 中村 栄太, 齋藤 康之, 酒向 慎司, 嵯峨山 茂樹, “Eurydice:HMMを用いた自動伴奏システム”;情報処理学会研究報告 MUS96, デモセッション:音楽情報処理の研究紹介XI, p.10, Aug. 2012.

31) 中村 栄太, 山本 龍一, 齋藤 康之, 酒向 慎司, 嵯峨山 茂樹, “多声MIDI演奏の楽譜追跡における演奏の即興性のモデル化と自動伴奏への応用”;情報処理学会研究報告, vol.2012-MUS-96, no.14, pp.1-6, Aug. 2012.

30) 飯島 崇裕, 齋藤 康之, “オーケストラ譜からデュオ譜への半自動編曲手法に関する研究”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会, ME2012-15, pp.57-60, Feb. 2012.

29) 新穂 龍太朗, 齋藤 康之, “画像にマッチする楽曲の自動推薦システムに関する研究”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会, ME2012-14, pp.53-56, Feb. 2012.

28) 新穂 龍太朗, 齋藤 康之, “画像にマッチする楽曲の自動推薦システムの提案”;平成23年電気学会 東京支部千葉支所 研究発表会講演論文集, 2-4, pp.21-22, Dec. 2011.

27) 飯島 崇裕, 齋藤 康之, “オーケストラ譜からデュオ譜への半自動編曲手法の提案”;平成23年電気学会 東京支部千葉支所 研究発表会講演論文集, 2-3, pp.19-20, Dec. 2011.

26) 齋藤 康之, 西本 卓也, 嵯峨山 茂樹, “頭部動作推定による演奏者と自動伴奏システムの演奏同期”;日本音響学会春季研究発表会講演集, no.3-1-16, pp.1075-1076, March 2011.

25) 鈴木 孝輔, 上田 雄, 齋藤 康之, 小野 順貴, 嵯峨山 茂樹, “HMM を用いた音響演奏の楽譜追跡による弾き直しに追従可能な自動伴奏”;情報処理学会研究報告, vol.201-MUS-89, no.29, pp.1-6, Feb. 2011.

24) 垣浪 文美香, 栗本 育三郎, 池田 将士, 佐瀬 巧, 齋藤 康之, 中川 匡弘, 筒石 賢昭, 石橋 史生, “脳機能計測(NIRS)を利用したピアノ学習過程の解析 −ピアノ専門者と高等教育機関における未経験者との比較の事例を中心として−”;生体情報処理と高度情報処理シンポジウム2011, pp.137-142, Jan. 2011.
(優秀ポスター発表賞)

23) 臼井 邦人, 岩崎 洋一, 飯田 聡子, 齋藤 康之, “木更津高専の教育用電子計算機システムの更新について”;高等専門学校 情報処理教育研究委員会論文集, 第30号, pp.258-259, Aug. 2010.

22) 前田 和博, 齋藤 康之, “カラー画像からのパラメトリック楽曲生成”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会, ME-2010-68, pp.77-80, Feb. 2010.

21) 添田 佳祐, 齋藤 康之, “多層座標データによる打楽器演奏機構の応答性の改善”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会, ME-2010-51, pp.9-12, Feb. 2010.
(優秀発表賞 次点:現在の研究奨励賞に相当)

20) 添田 佳祐, 齋藤 康之, “動作を入力とする演奏インターフェースの構築”;第5回電気学会東京支部千葉支所研究発表会, pp.45-46, Dec. 2009.

19) 倉持 憲司, 和崎 浩幸, 齋藤 康之, “創造設計製作実験実習のための電子計算機システム環境の構築”;高等専門学校 情報処理教育研究発表会論文集, 第29号, pp.55-58, Aug. 2009.

18) 添田 佳祐, 齋藤 康之, “ジェスチャによる電子楽器の制御”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会, ME-2009-62, pp.41-44, Feb. 2009.

17) 前田 和博, 齋藤 康之, “カラー画像からの楽曲生成”;映像情報メディア学会 メディア工学研究会, ME-2009-61, pp.37-40, Feb. 2009.

16) 前田 和博, 齋藤 康之, “癒しのための画像からの楽曲生成”;日本福祉工学会 第12回学術講演論文集, pp.51-52, Nov. 2008.

15) 添田 佳祐, 齋藤 康之, “動作を楽しくする電子楽器システム”;日本福祉工学会 第12回学術講演論文集, pp.29-30, Nov. 2008.

14) 齋藤 康之, 藤原 伊純, “心の癒しに適した色の検討”;日本福祉工学会 第10回学術講演論文集, pp.9-10, May 2007.

13) 齋藤 康之, 長山 哲也, 鈴木 雄太, 川上 祐貴, “音楽療法のための画像・音楽メディア変換”;日本福祉工学会 第9回学術講演論文集, pp.117-118, Nov. 2006.

12) 岩井 優樹, 齋藤 康之, “カラー顔画像内の顔領域抽出”, 日本高専学会 第10回総会・研究発表会, ポスター発表の部no.5, Aug. 2004.

11) 齋藤 康之, 剣持 雪子, 小谷 一孔, “非線形射影による画像推定法の検討 〜眼鏡顔画像からの眼鏡フレーム領域の抽出と顔画像推定〜”; 電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会, PRMU2001-98, pp.29-36, Sep. 2001.

10) 齋藤 康之, 剣持 雪子, 小谷 一孔, “領域を限定した顔画像集合の基底ベクトルを用いた眼鏡無し顔画像の再構成”; 電子情報通信学会 総合大会, D-12-76, p.249, March 1999.

9) 齋藤 康之, 剣持 雪子, 小谷 一孔, “眼鏡顔画像の基底ベクトルの解析”; 情報処理学会 コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 115-4, pp.25-32, March 1999.

8) 黒住 隆行, 齋藤 康之, 剣持 雪子, 小谷 一孔, “固有空間法と重判別分析を用いた顔画像の表情解析”; 映像メディア処理シンポジウム(IMPS98), pp.13-14, Oct. 1998.

7) 齋藤 康之, 小谷 一孔, “顔の傾きに対応した眼鏡フレーム領域の抽出と除去”; 映像情報メディア学会 年次大会, 27-7, pp.416-417, Aug. 1998.

6) 齋藤 康之, 小谷 一孔, “眼鏡フレーム構造のパラメトリックモデルを用いた顔画像内の眼鏡領域の抽出と除去”; 電子情報通信学会 画像工学研究会, IE97-121, pp.55-60, Dec. 1997.

5) 齋藤 康之, 小谷 一孔, “顔画像領域分割における眼鏡の影響の除去”; 映像情報メディア学会 年次大会, 30-1, pp.371-372, July 1997.

4) 齋藤 康之, 小谷 一孔, “眼鏡顔画像における眼鏡フレーム領域の抽出と除去”; 電子情報通信学会 ヒューマン情報処理研究会, HIP96-33, pp.49-54, Jan. 1997.

3) 齋藤 康之, 本田 明子, 小谷 一孔, “眼鏡を含む顔画像の表情解析 〜眼鏡除去と領域抽出〜”; 映像情報メディア処理シンポジウム(IMPS96), I-6.11, pp.25-26, Oct. 1996.

2) 本田 明子, 齋藤 康之, 小谷 一孔, “フラクタル特徴解析による顔画像の領域抽出”電子情報通信学会 システムソサイエティ大会, D-327, p.330, Sep. 1996.

1) 本田 明子, 齋藤 康之, 小谷 一孔, “局所的テクスチャ解析による顔画像の領域抽出”; 日本顔学会 フォーラム顔学96, p.18, Aug. 1996.


競争的資金・外部からの教育研究資金

5) 科学研究費補助金 基盤研究A 課題番号17H00749 「作曲・演奏・信号の数理モデルに基づく音楽の生成と解析の研究」;研究分担者(代表:明治大学 嵯峨山 茂樹 教授;総額 3510万円) 2017年4月〜2019年3月

4) 科学研究費補助金 基盤研究C 課題番号16K00501 「タテ線譜を用いたピアノ初心者向け練習システムの研究開発」;研究代表者(総額 350万円) 2016年4月〜2019年3月

3) 木更津高専 校長裁量経費「拡張現実(AR)による古墳情報の可視化による歴史教材の作成と地域活性化」;研究代表者(15万円),2015年7月

2) 科学研究費補助金 基盤研究A 課題番号26240025 「音楽の作曲・演奏・信号の数理モデルを融合する音楽音響情報処理の研究」;研究分担者(代表:明治大学 嵯峨山 茂樹 教授;総額 3280万円) 2014年4月〜2017年3月

1) トレス環境システム(2万円), 共同研究, 2009年7月


所属学会

1996年(平成 8年) 9月 電子情報通信学会
1997年(平成 9年) 5月 情報処理学会
1998年(平成10年)11月 画像電子学会
2005年(平成17年) 7月 日本高専学会
2006年(平成18年) 8月 日本福祉工学会
2010年(平成22年)10月 日本音響学会
2011年(平成23年) 4月 精密工学会 画像応用技術専門委員会
2012年(平成24年)12月 映像情報メディア学会
2015年(平成27年) 6月 学術英語学会
             2017年6月〜 代議員
2015年(平成27年) 7月 BICSI
2015年(平成27年) 7月 日本電子キーボード音楽学会